取りこぼす小役やそうでない小役

スロットを打てば右手、右肩、背中が凝ってきて、目も疲れて、首までこり、目の疲れが出たりします。そしてずっと座りっぱなしならお尻が痛くなったり、膝がだるくなったりして、一日中うっているときの症状は背中が痛くなって疲れたりします。そして、スロットは取りこぼす小役、取りこぼさない子役があって、2つがどう違うかと言えば、一般にスイカなどが前者、ベルが後者で、リール配列を見ると分かりやすく、リールを留めたら、スロットは最大4コマまですべる特徴。リール配列でベルがどこを見ても4コマ以上離れてないとそれは取りこぼさない小役。取りこぼす小役だけ目押しが必要に。スイカはずららの4コマ前から当のスイカまでの間にリールを留めればいいです。初めねらうのは順押しなら左リール配列をよく見て全小役フォローできるところを探してその付近を狙って止めます。

取りこぼす小役が左の上・中・下ドコモとならなければ適当に押します。覚えておきましょう。